1/8"縁切ったのにも関わらず"

昨日、突然、いつもだけど思い立ったら即行動で縁切った両家の祖父母宅、実家に行ってきた。小田急で乗り換えてJRにしろ、相鉄にしろ、書いたとおり京急沿い住みの母方の祖父母宅へ行くため横浜出ないとだめだから相鉄からの京急乗り換え頑張った。マフラーで視界遮り、下向きながら聴覚保護耳栓して全力疾走。加えて京急は人多いうえ、モーター音が他の電車と比べると揺れるしうるさくて頓服飲んでてたのに

わからないけど不安感じれなかったけど、たぶんあったのだろう、途中から頭痛、パニック発作系症状、不随意運動激しくて、頑張って立ってたのだけど近くの人が見兼ねたのか席譲ってくれた。挙げ句の果てに、どうしても飲み物飲みたくてパックのミルクティ飲もうとしたら盛大にひっくり返した。ティッシュとかタオル貸してくれたり周りの方の心遣いが暖かくて、しんどかったけど暖かい気持ちになった。

初めに行った母方祖父母宅、感動の再会って言うのかな、おばあちゃん泣いて抱きしめてくれた。けど感情は無。両家諸共、親は私の事、何も言わなかったらしい。そして扶養紹介のことで直接行けなかったとしても父の片割れのちゃーぼーちゃんへしてに手紙出さなかったから、それ謝りにも行こうと道中考えていたら、父方の祖父が、昨年ちょうど90の卒寿で亡くなったことを知って

葬式に行けなかったことを喪主の一番上の御兄さんに謝り、父の片割れのチャーボーちゃんにも謝罪してきた。父方祖父が亡くなったのは去年の9月末。おじいちゃんね、私が産まれた年月、日にちも確か私の誕生日に心臓悪くてペースメーカーの手術したの。10月頃、私が未遂して助かったのって、もしかして、おじいちゃんが助けてくれたのかなと思ったら、沢さんの時もそうだし、ますます故意による自傷、自殺行為はやめようと思った。

母方祖父母宅でも実家でも初めてだろうね、本音話したよ。母方祖父母に対して感謝してるけど身内とはいえ子供の私からしたら母の悪口を言われること、自分達の育て方が悪かったことなどの懺悔がイヤだからやめてと。実家は間違いなく出てくれない覚悟だったけど名乗ったら、すぐ出てくれた。ただ家の中に入ると、お互い感情的になってしまうから近くに喫茶店でもあるなら、ともかくないから外で話した。私の母、やはり賢い、頭がよくきれる。

ちゃんと実家来る前に両家祖父母宅へ行ってきたこと、その内容伝えた上で、手紙読んだかと聞いたら読んでないとのこと。開く開かないは親の自由だし捨てる可能性も想定内だったから平気。内容が内容だし、母の調子悪化するのは目に見えてるから。だけど父から、小さい頃から、お前がいつ、何でおかしくなったのか分からない、特に大きくなっても嘘をつくこと実家出てからのも記憶に全くないものだったを聞いて、治療で分かったことを手紙そのまま伝えた。

他にも風邪気味だった母の調子、精神に影響しない程度に、手紙に書いたことをかいつまんで話した。母は私が内容は言ってないけど、母が忘れている、私の幼少期、学童期の頃の記憶が抜け落ちていて、その時期のそれを思い出すと壊れるから思い出さない治療をしていると聞いた。私は母からの施設からの祖父母からのフラッシュバックでしんどい思いをしてるからこそ、母の主治医の治療方針どおり思い出さないほうがいいと思う。

お金のことは名目ともあれ子供の金に手つけるほどおちぶれてない、家の金庫に保管してとってある。お前が困ったときのために名目は今まで育ててあげた、私が盗みをしていたときの返済金だったけど、当親働いてないから結婚とか急に家電が壊れて出費が重なって困ったときに渡そうと思っていたと言われたけど、最初からそう思っていたのか、途中から変わったのかはわからない。

父の片割れのちゃーぼーちゃんへ扶養紹介を、お願いしたときに、なにもしらないちゃーぼーちゃんへ扶養紹介きたから親なんだから務め果たせと怒鳴りにいった、怒鳴られた、と言われて本当に切羽詰まっていたとはいえ浅はかで申し訳なかった。扶養紹介が唯一家族のいない、ちゃーぼーちゃんへいったのは祖父母の年齢考慮と一番は一回目の入院で私が親へ病気のことを伝えないように、扶養照会がいくことで、お母さんが不安定になることへの配慮と言ったら、ありがとうと言ってくれた。

母、かなり心身ともに衰弱してた。精神面も薬でギリコントロールしてる感じ。そして母が病気になった理由、母は結婚する前から不安定だったことを時期が来て、お互い落ち着くまで距離取って話すつもりだったらしい。だけどね、言わなかったけど私、知ってるの。もちろん全部じゃないけどヒステリックになってる母の口から母が祖父母宅で、どういう扱いを受けていたか、母が未成年のときに男絡みでトラウマを抱えていること、私が産まれ弟が10月後産まれ、約半年立たずしての交通事故で弟が医療事故で知的と身体に障害が残ったことで親戚から責められたことetc

人のものや金を、いつ誰のを取ったのか分からないから必死で説明できないから理由付けするために故意に嘘をつくことはあっても、それ以外は嘘がつけない人間、嘘も方便、冗談通じない、臨機応変もない、言った覚えのないことで責められたときは本当に混乱した。だけど今考えればわかる。私は完全な別人格もいるけど内在性の解離性同一性障害

高校時代には既に元カレや友達から、その傾向を知られていたけど、自分も言われて薄気づいていたけど、まさか多重人格なんて認めたくなくて、あくまでもファンタジーの話で、昨年10月頃の基本との分断で私が本人基本は認めてるけど認めたくない状況なこと、そして自分が基本の、本当のめぐみの身代わり人格だったこと、当然詳しくは話してないけど簡単に現在、私と部分含めて16人いることを伝えた。そして話していて私は、やはり先天性ではなく後天性の発達障害だと児相の開示請求どおり、虐待などで、その他でも愛着問題をこじらせたまま大人になると脳が変わってしまう後遺症といっていいかな、だった。小さい頃から負けず嫌い、頑固、口が達者なくせして俗にいうオブラートにくるんだ言い方ができず、限度が超えると行動で示すのは、やはり産まれ持った気質。母方の祖父、そして母からの遺伝。

ときたま母を殺したい欲求、母に殺されたい欲求があるけど責めるつもりない。嘘じゃない。本心。だからね、初めて親に本当の気持ち言ったよ。ブログでは何度もかいてるけど分かる人には分かって、分からない人は永遠に分からないこと。それは母も父に対しても大好きだけど大嫌いという言葉。父は、お前に恨みや怒りはない、母は大好きだけど大嫌いで良い、似た気持ち、逆に縁切ったのに大好きと言ったり、大嫌いと言いながら家にわざわざ足を運んだ時点で、その気持ちが私達に対するストレートな気持ちということで受け止めてくれた。

そして私は、お別れをしにいった。だけど状況は変わる。母も父も良い意味で開き直ってる。直に私母は開き直ってるといった。分からないと思うけど私は、それで良きだと思う。手紙に書いたとおり幸せに生きててくれさえいればよい。だけど私は私。私は開き直らない。生活保護になったんなら仕事しないで今まで小学校は中学受験、中高は門限ルールが厳しかった、遊びに行きたいというと不機嫌になるから言えなかった、今まで遊んできてないんだから精一杯全力で、お前のことだから治療も仕事もってやってきたんだから、甘えさせてもらってたくさん遊びなって言われた。

だけど私はなりたい夢あるし、その為にも今後も辛くても治療して過去乗り越えて、働いてという目標がある。ちなみに夢はピアサポーターになることと、小説にするか自叙伝にするか迷い中だけど本を出版すること。私は昔から口は達者だけど言葉で話すより書くことが好き、書くことでなによりも自己表現ができるから。ブログやってるのも自己顕示欲が高いのもあると思うけど、1番表現しやすいから。言葉と違って考えて文章にするから感情が荒ぶっていて最初は荒しくても、きちんと整理できる。器用じゃないから頭の中だけじゃ無理なのよ。

お金は扶養照会でちゃーぼーちゃんではなく父が役所に電話したらしく、そして、お金に困ってるようなら私が高卒で働いてたときの名目返済金を返した額、親にとっては私の万が一のときに貯めておいてくれた額を役所に送るといったのだけど役所に渡されても本人と連絡取れなきゃ困ると言われ保留。税金返したいから役所の担当と合って、44万だけど入院費とかで国に返せるなら返したい。

だけど44万は貯金OK額らしいのもあって、その場合は、そのまま家に保管しておいてもらう。子供の金に手つけるほど落ちぶれてない、と言ってて、それは確かだと思うけど困ったら使ってくれてかまわないと思ってる。先生に相談して来てないことは少し怒られたけど、言いたいこと言えて良かった。

母の妹の連絡先、父方の親戚の連絡先もゲット、弟は忘れてしまったけど親と、たまに会ってるみたい弟、心配だけど福祉に小さい頃からサポート受けてるから、さして心配してない、元気で生きててくれればっていう思い。それより順番的に父が亡くなったあとの母が心配なにもできないから。病院か施設か、になると思う。そこは母の妹と、その時期がきたら連携取る。あと医療保護の保護者、万が一母方の祖父母がなってくれることになった。入院はさけたい。けど措置は嫌だ。

プロフィール

購読に関して

購読叉は解除は自由なので

基本的に全員承認しております

なのでこちらから購読したから

といって購読しなきゃとかも要らないです

アメンバー申請

申請する際、表示される画面の

注意事項をよく、お読み下さい

コメ&メッセに関して

コメ欄を開放してない記事のもの

誹謗中傷的な内容のもの

については承認返信致しません

こちらの都合で更新しても

返事遅れることがありますので

ご承知おきください

また、資格あるだけで心理士ではないので

相談や悩みも受け付けておりません